appli02_red

ストリートナンパ(ストナン)を実践する際、最初のハードルと言われているのが「声掛け」
です。

目の前に良さそうな女性が通り過ぎても、声をかけられずに、相手が通り抜けるのを見ている
だけといったケースが多いですし、体が動かすこともできない「地蔵」状態になることも多い
ものです。

あなたもストリートナンパをした経験があれば、地蔵になったことがあるかもしれません。

この地蔵状態がトラウマとなって、ストナンをやめる人も多いですし、次回こそは声をかける
つもりで繁華街や駅前にいったものの、何もできずに帰宅したのではないでしょうか。

ストリートナンパの仕方を教えているというトレンディさんは、ナンパで声をかけられるよう
になるための方法を指導しており、これまでに300名を超える多くの実績を上げています。

このトレンディさんがセミナーや個別コンサルなどで教えている、ストリートナンパの仕方を
まとめたマニュアル「はじめの一歩」が公開されました。

「はじめの一歩」では声掛けに対するハードルの高さを解消するために「ある1つのこと」
するだけでいいとトレンディさんは指摘します。

気持ちの問題や精神論で片付けられるものではありませんし、声をかけないと殴るなどと言う
具合に、別の恐怖を与えるショック療法で解決しようとしても、さらにトラウマに陥るだけで
あって逆効果です。

声を掛けられるようになるロジックを理解すれば、それこそ、今からでも、ストナンで女性に
気軽に声をかけられる
ようになります。

「はじめの一歩」は、声がかけられるようになったら終わりではありません。

ストリートナンパは声掛けが出来てからがスタートです。

「はじめの一歩」では、「ナンパに成功する」というゴールのために必要な知識やノウハウ、
テクニックなども学べます。

そもそも、ナンパが成功しなければ意味がないからです。

声をかけた後の成功率は、1%とも、0.1%とも言われるのがストリートナンパですから、
少しでも成功率を高めるための努力をしなければ、いつまでたっても女性を落とすことはでき
ません。

shosai